1974 HONDA MT250

 
_B287265.JPG

ホンダ初めての2サイクル車となるエルシノア。
ホンダらしいカチッとした作り込み。走りは軽い印象です。
キャブレタはミクニに変換済みで、始動性もよく吹け上がりもさらに軽くなっています。
安心して乗っていただける一台です。

600,000円


MT250エルシノア
これまで何台のエルシノアを触らせてもらってきただろう。
整備士の専門学校に通いながらバイトさせてもらっていたころからだから、20年近くなるだろうか。
バイトさせてもらい、後に勤めることとなったお店にはエルシノアだけでも常時5台くらいは在庫があり、
モトクロッサーのCR250Mは10台くらい一列に並んでいた記憶がある。
「CRがこんなに!信じられない!」そう言っているオジサマが多かったので、
「これはスゴいことなんだ?へえー」くらいにしか思っていなかった若かりし頃。
僕はラッキーなことに、MT250の整備をして、試乗も、割と早い段階でさせてもらった。
試乗はやっぱり楽しい。若いうちだったから特に何でも乗りたかったし、
乗ってる間も仕事になるなんて得した気分。
バイクは快調!なんて軽快なバイクなんだ。それまで乗っていたGB250やXS650なんかとぜんぜん違う(当たり前か)
ニコニコしながら走っていたら、急に赤い旗を持った人が道路に出てきた。
旗には「止まれ」と書いてある。それからそれから83km/hと印刷された用紙が出てくる。
気持ちよく走ってたから出るよねー。
そして、この道が40km/h制限の道だったことを知り、人生初の赤キップというやつ。
店に戻ると「調子はどうや?」と聞く社長。「バイクはバッチリです!バイクは…」
エルシノアに初めて乗った頃の感動を思い出す中に苦い経験がある。



 
_B287249.JPG
_B287226.JPG
_B287231.JPG
_B287240.JPG
_B287250.JPG
_6145763.JPG
_B287245.JPG
 
KAZUHIRO HAYAKAWA